最近よく届く、携帯メールの正体

出先にて、携帯電話を使い、電車の時刻や乗換を調べることができるサービスはすごく便利です。

私が利用しているのは「駅探」

他にも同様のサービスがあるとは思いますが、パソコンでもこの「駅探」を使っていますので、この手のサービスでは主流派なのでしょう?

この駅探には「運行情報」が携帯メールに届くサービスがあります。

私は、仕事でたまに使う、「JR琵琶湖線」の運行情報が届くように設定をしています。

このサービスを受け始めたときは「よくできているな〜」と思いました。電車の遅延が発生すればその都度メールで教えてくれます。

しかし、最近はこのメールに対する評価は低下の一方。(最近下げ止まりか!)

その理由は「あまりにも遅延メールが多すぎます!」

1日数回。というのは言いすぎかもしれませんが、それ程の印象を持つくらい多いのです。

「JR神戸線内での信号トラブルの影響で、長浜方面行き一部列車に遅れが出ています」とか「JR神戸線内での人身事故の影響で一部列車に遅れが出ています」などなど。

JRは一つの線路でつながっている距離が長いので、どこか遠いところで起こった事故も影響してきます。
不思議とJR神戸線発のケースが多いようです・・・

それはともかく、こうしてメールを受け取っていると、今まではJRを利用することがあまりなく、知らなかったのですが「かなりJRのダイヤは乱れやすい」ことがわかってきました。

私がよく利用している私鉄や京都市の地下鉄はあまり遅れることがありませんので、この差には驚きです。

そうそう、このサービスには大きな?欠点があります。メールが届くと、さらに詳細な情報を提供するサイトに行くことができるのですが、そのサイトに行っても「どれくらい遅れているのか?」「いつになれば回復するか?」という本当のリアルタイムの情報を入手することは無理のようです。

これには、痛痒感があります。

ただ遅れていることがわかるだけでは、心構えはできますが、他に対策は立てようがないので、結局駅まで行かないとわからない・・・(駅に行ってもわかりませんが・・・)

ちなみに、このサイトで情報を提供するのは、ジェイアール東日本企画/レスキューナウとあります。

ジェイアール東日本企画とはジェイアール東日本グループの広告代理店らしいですね。

鉄道とは別会社であり、ビジネスの一つとして立派に運営し、私ごときに文句を言われる筋合いはない会社なのでしょうが、

ジェイアールとの名称が入っていると

「自分のところの不手際で遅延になっているのに、それを情報提供してビジネスしているのか!」 なんて勝手に妄想してしまいます。

どこからか、

「遅延を伝えるのがサービスでなく、遅延しないのが本当のサービス」

と竹田先生の声が聞こえてくるような気もします。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:11 AM  Comments (0)