社長のPDCA

一昨日のブログで、社長の実力について書かせていただきました。今日もこれに少し関連します。

竹田先生の教材で、「社長の仕事」を次のように整理されてるところがあります。

<社長にとっての第1の仕事>
経営戦略をしっかりと研究し、自分の戦略実力を上位3%に高めること

<社長にとっての第2の仕事>
商品、地域、営業などに、規模に合った目標を定め、仕事がしやすくなる仕組みをつくることになる。

<社長にとっての第3の仕事>
従業員とともに力強く実行することになる。戦術

<第4の仕事>
結果を分析して改善することになる。

よくPDCAサイクルを回そうなどといいます
プラン→ドゥ→チェック→アクション

ご存知の通り、これは管理サイクル。マネジメントサイクルですね。
品質管理の父といわれるデミング博士が、体系化したことでデミングサイクルとも言われています。

社長にとっての仕事、第1から第4を見ていると、これはPDCAサイクルそのもののように思います。

皆さんも確認してみてください。

ねっ!

だが、さらにじっくり見てみると・・・

色々なところで使われるPDCAサイクルなので、一概には言えませんが、一般的なPDCAは業務改善を目的とするもの、つまり戦術の改善を中心とするものだと思います。

しかし、社長にとっての仕事第1から第4のPDCAサイクルは、戦略を中心としたものです。

社長のPDCAサイクルがあり、そこから生まれる業務に対して、またPDCAサイクルがある。そんな構造でしょうか。

別の言い方をすれば、戦略PDCAサイクルと戦術PDCAサイクルがあり、しかも、戦術PDCAは複数存在します。

結局、社長の戦略PDCAサイクルがしっかりしていないと、そこから生じる戦術PDCAサイクルは力不足で効果が見込めません。

経営計画、PDCAに熱心な会社はありますが、本当に社長自身が、しっかりと社長のPDCAを回しているところはどれくらいあるのでしょうか。

これを見ていて思いました。

社長の実力は社長のPDCAサイクルを根気よく、グルグルグルグルと何回も何回も回し続けていくうちにつくのではないでしょうか?

社長の実力は一気に高まらず、らせん階段をのぼるようにジワジワと高まるような気がします。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:06 AM  Comments (0)