たった60ページで・・・

「中小企業の経営は儲かっていない。とにかく悲しくなるぐらい儲からない」とは竹田先生の言葉です。

確かにそうです。

根拠の数字。
「中小企業の一人当たり純利益は全業種平均で32万円」

この数字をどう思われますか?

一人の人間が1年間働いて、会社に残すことができる利益がたったの32万円・・・

これが実態です。

1月あたり  約27,000円
1日あたり  1,180円
1時間あたり 160円
1日の純利益時間15分程度

これでは、のんびりなどしていられません。休んでいられません。時間戦略が必要なわけです。

利益が残るのはまだいい方。法人の70%は赤字です。
このうちたまたま今年は赤字だったというところもあるでしょうが、構造的な問題を抱えているところもあります。

しかし、その割に無頓着で勉強不足。なぜか根拠のない自信。誇張された小手先ノウハウ探し。大企業のマネ。棚からぼた餅願望。夢、感動信仰・・・だから構造的赤字か?

思い当たる節があり、何とかしたい!そう思う人は、原点に立ち返ってイチから研究をやり直すしかありません。

というよりも、今まで経営を学び、研究した経験がある人は少ないでしょう?私もそうでした。(今もそんなに進歩していませんが・・・)

すべて基本があります。当たり前のことばかりですが、「当たり前」とバカにするとそこまでです。当たり前を掘り下げると価値の高いものに出会えます。

例えば、竹田先生の教材で「戦略☆社長」があります。

DVD4巻。(1巻は約60分)テキスト1冊。
このテキストは竹田先生のDVDの宣伝を含めてもたったの60ページ

この4巻のDVDを初めて一人で見るとき。
人によっては結構つらいかもしれません。寝てしまうかも。あるいは、面白くない。と感じる人もいるでしょう。(経営原則のまじめな教材ですから。)

数回見ることができる人は見込みあり。

回数が増えれば色々な気づきがでます。どんどん深くなります。具体的になります。私もまだ修行中です。(一生か?)

「たった60ページのテキストに、経営のすべてが詰まっている。」と思うようになります。
是非一度お試しください。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:24 AM  Comments (0)