ここが最近足りていない・・・

気がつけば、もう明日から10月なのですね。
今年も残すところ、あと3か月。時の経過は、年々そのスピードを増しているようです。

さらに、10月なれば、

カレンダー発注しないと・・・手帳もいるなぁ・・・年賀状どうしよう・・・などと考えだすと、一気に忙しなくなってきました。

さて、会社の経営計画は各会社の事業年度に合わせてたてられますが、個人としての計画は暦年で考えることが多いですよね。

自分自身の「目標設定」やその「実行計画」を立てていますか!?

もうぼちぼち、来年の個人計画を考えていかなといけない頃になってきました。

私の場合、個人計画=自分の実力向上計画です。

願望の再確認。目標の再確認なんていうのを一応することになっています。

そして、その後、竹田先生の教えにしたがい、計画を立てます。

?戦略研究費の予算化

?戦略の研究日の決定

こんなことを決めていくのです。

竹田先生の教材から引用して、よくご紹介させていただくのですが

<戦略研究費の予算化>

1人〜10人    年間25〜30万円
10人〜30人    年間30〜50万円
30人〜100人   年間50万円〜100万円

私の場合は25〜30万円に該当します。月2〜3万円。
最低これぐらいセミナー参加や教材購入予算を見積もります。

今年の支出を見てみたらもうすでにオーバー。

その割に効果がなぁ・・・どこか無駄な所に力が入っているのかなぁ・・・

学習効果は5年〜10年で出てくるそうですので、もう少し様子を見ることにしましょう。

<戦略の研究日の決定>

1人〜10人  年間120〜144時間
10人〜30人  年間180〜216時間
30人〜100人 年間240〜288時間

これもおそらく、1人〜10人の時間量は達成できています。いそれ以上に。中身はともかく・・・

戦略の研究は一度始めると、なかなかリタイアできません。気づけば、もっと、もっと、さらに、さらに、と無意識に力を入れることになります。

この辺でボチボチ終わりにしようか・・・なんて気にならないし、そういう意味で「一生勉強」だと感じます。

来年はさらに研究しますよ!

しかし、それよりも、最近気になることがあります。
それは「考えていないな〜」と感じています。

<思索の回数>
社長はこれが一番大事かもしれません。

教材やセミナーでの知識をベースに思索を繰り返すと、断片的であった知識がつながり、徐々に問題点が整理、収斂され、筋道が明確になります。(そんな気がします)

この思索の時間をいかにつくるかが今後の課題です。

皆さんは、考えていますか?

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:17 AM  Comments (0)