目に見えない価値

年商

この数字が会社の何を現わしているのでしょうか?

年商が大きいほど、会社の規模が大きくて、強い会社のように思いませんか?

同じく従業員数が多い会社が大きくて、強い会社だと思いませんか?

「株式会社○○は売上高が△△億円の大きな会社」とか「従業員が百名の立派な会社」などと評価されることがよくあります。

純利益を従業員数で除す「一人当たり純利益」は戦略実力の物的証拠ですが、年商を従業員数で除してもあまり意味はありません。

そして年商そのものが経営内容をあらわすわけでなく、当然ながら市場占有率でもありません。

「経営体質」は年商ではわかりませんし、「戦略実力」も年商ではわかりません。

会社の評価の大きなウエイトは「市場占有率」が占めます。

しかし、市場占有率は測定するのが難しく、また高い市場占有率で経営をした経験など殆どの人がないので市場占有率と収益性の関係は認識されにくいものです。

ましてや、小さな会社には市場占有率など全く関係ないことのようにも思われるはずです。0.000…1%とかいう数字かもしれません。

しかし、細分化した部分の、小さな規模に限定すれば、高い市場占有率を有することも可能になります。

そうやって、何年も同業者に比べて2倍とか3倍の利益を計上している建設業者、小売業、サービス業をいくつか知っています。

財務の数字や従業員数、設備、資産というもので評価できない「目に見えない」価値を持っている会社です。

竹田先生の教材でユダヤ人の戦略が紹介されていますが、彼らはもっぱら目に見えないやり方を考えていきます。

誰も評価しないし、注目もしない、しかし継続的に好業績を計上する目に見えない戦略を持つ。

そんな会社になりたいと思いませんか?

そう思ったら竹田ビジネスモデルですね!

さて、今年もあとわずか。  何かとお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 9:58 AM  Comments (0)

原点の経営

? 全体発想を捨てて要点を細分化する

? 勝ちやすき場面を選ぶ

? 重点主義に徹し、?1づくりを目ざす

? 営業活動は局地戦にする

? 戦闘時間を長くする

? 接近戦で利用者に近づく

? 軽装備で自由度の高さを保つ

? 先制攻撃ですぐ実行

? 隠密行動をとり表面に出ない

この「弱者の戦略概要」もう、何度も紹介させていただいたことと思います。

でも、こうやってあらためて眺めてみると、良いこと書いてありますね。

起業して事業を始めたとき、多くは非常に現実的かつ合理的な経営を行います。

資金は限られているので節約と倹約を心掛け自然と軽装備になり、当然ながらあれもこれも出来ないので重点主義でひとつのことやり、

広域に営業できないから局地戦でまず近いところ、縁のあるところからお客を作らざるを得ません。

効率は悪いので自然と長時間労働になりますが、それでも時間的な余裕があるので思いついたことはすぐに実行できます。

このように最初は意識せずとも弱者の戦略となっていたのです。

竹田先生が言われるように、弱者の戦略は初心の戦略であり、原点の経営です。

多少余裕ができたからと言って調子に乗らず

来年も原点に戻ってこの弱者の戦略、竹田ビジネスモデルで行きましょう!

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:55 AM  Comments (0)

熱意は行動から!

「世の中は不景気な話が多いため、弱気になりやすい。新聞の記事やテレビのニュースは、その情報のほとんどが悲観的な情報で占められている。こういう悲観的な情報洪水の中で生活していると、その情報が自分に直接関係なくても、弱気になるキッカケになり憂鬱になってしまう。」

これって現在のことのように思われませんか?

実は、上記の文章、このブログでもよく紹介させていただいています竹田先生の「ランチェスター弱者必勝の戦略(サンマーク文庫)」に載っています。

初版が1993年と今から約15年前ですが、驚くことに現在の状況とよく似ています。

不景気の話題が氾濫するのはいつの世も変わりないようです。

でもそうとわかっても、やっぱり、不景気の話を聞くと弱気になります。

ただでさえ弱い経営なのに、経営者が弱気だとさらに弱くなります。

そこで、経営者は熱意を維持することが大事になります。

強気で前向きになるだけで困難な状況を乗り越えられることもあるので不思議に思うことがありますが、やる気を持って経営にあたるのと、やる気がなく経営にあたるのとでは当然ながら結果に大きな差が出るのは間違いありません。

そのために熱意が持続する仕組みづくりも経営者はしておかなければいけないですね。

自分を奮い立たせる方法、熱中する方法、前向きに考える方法などいくつかの引き出しを持っておくことが必要でしょう。

竹田先生は言われます。熱意は行動を促す。しかし逆もまた成り立つと。つまり「行動は熱意を生み出す」のです。

精神は行動の影響を大きく受けるようです。

私は、来るべき2009年を力強く活動するために、今から、さも「熱意」があるようにふるまうことにしました。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 9:15 AM  Comments (0)

今年最後!

本日が今年最後の早朝勉強でした。

来年1月4日からは、ある人にとっては総集編であり、またある人にとっては入門編にもなる「経営計画」と題した8大要因の全般の研究と、個々の実行方針を明確にしていく勉強会にしたいと考えています。

さて、この勉強会もスタートしてから1年5か月ほどになりますが、その間常に、経営者が経営を学習する理由はどこにあるのだろうかと考えてきました。

まず、経営の原則を理解できます。弱者の戦略、ランチェスター法則なども理解できます。
しかし、これらの知識は平面的で、実際に経営で実践しなければ価値がありません。

新しいことに取り組むときに、この知識を念頭に目標設定や戦略づくりに取り組まれると確かに効果的です。

また、現在行っている経営内容を、新しく取り入れた知識で、点検し、修正していくこともできます。実践を理論でなぞることにより理解が深まります。

少しつらい早朝の勉強を続けることで熱意・願望が高まることもあるでしょう。

また考える時間を持つきっかけとなります。いわゆる戦略時間です。

他の業種、他の社長の話を聞き、気づきやヒントが得られます。

他にも色々あるかもしれませんが、概ねこのようなところでしょう。

結局、経営のやり方は様々です。基本は大事ですが、何をどうするかは経営者次第です。

経営者の能力自体にはそんなに差はないと感じます。ただ能力を使うためには自分自身で問題に気づき、自ら行動することが必要のようです。

早朝勉強会がそのような場面に役立つ場であればいいなぁ・・・と思います。

さて、本日は弱者のDM戦略

前回は広告戦略でしたが、広告を出して問い合わせがあった場合は、DMと同じやり方で対処します。

商品説明文章は人が真に感動するのは物語を取り入れる。利用者の体験談を写真入りで複数紹介する。好景気のときは得する文章を。不景気のときは損をしない文章。商品説明は素材や作り方を書かずに顧客観の発想で真の用途や真の効用を書く。など10項目にわたって詳細に説明されています。

最近は一般化したのか?よく見かけるものもありますが、あらためて原則を一から学ぶことでたくさんのヒントを得ることができました。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 2:07 PM  Comments (2)

年内中に・・・

年賀状は25日までに投函すれば元旦に配達してもらえるそうですが、これには何とか間に合いました。

しかし毎年反省することですが、いつもギリギリセーフ。

この原因は何でしょうか?

答えは簡単、情報整理ができていないことが原因です。

いや情報整理のルールが明確になっていないことが原因です。仕組みづくりができていないのですね。

名簿のメンテナンスも「これ以上溜めるとまずい!」というような思いつきのタイミングでやっているから駄目です。

名刺交換をしたとき。住所移転のはがきをもらったとき。すぐに住所録を追加し、または更新すればいいのですが・・・

そのようなことを遅滞なくできるようにモバイルPCを持ち歩いているのに・・・

そういえば、電子メールのアドレスも一度整理してみたいと思いつつ、時間だけが過ぎていきます。

告白します。それだけでなく、電話の短縮ダイアル、FAXの短縮ダイアルも登録が完了していないものもあります。

先日、大掃除のブログを書きましたが、今や情報の整理を最も優先すべき!と頭ではわかっているつもりでも、本当に理解していません。

こんな調子ですから「お礼状」も100%は達成できず。

顧客戦略を勉強しているというのに・・・

お礼状をいつも持ち歩いているというのに・・・

実行しなければ価値は0

帰って書こうと思うとなかなかうまくいきません。

帰った途端に机の上に置かれた書類に目を通し、処理し始めると、もうお礼状のことなど忘れてしまいます。

電話が入ったり、報告を受けたり、とにかくたった1枚のはがきを書く時間を取ることを忘れます。経営で何が一番大事かということを忘れてしまいます。

ノートPC,PDF、各種手帳など情報管理ツールを持つことで情報管理をしていると錯覚していないか!?

何のためにハガキを持ち歩いているのか!?

大いに反省!

年内に情報の大掃除だけは完了させます。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 9:01 AM  Comments (0)