誰か叱って・・・

最近、続けて何人かの社長から聞いた話があります。

社長になると「いいことを言ってくれる人は」何人もいるが「ここが問題だ」とか「ここが悪い」「こういうことをしていてはいけない」と言ってくれる人がいなくなる。叱ってくれる人はいなくなり、逆に皆にちやほやされる。

こういった話です。

この社長たちは、自分の考えや行動が正しいのか?改めるべきところはどこか? 一から点検し、方向を修正しようとされておられます。

そのために竹田ビジネスモデルを勉強し、私たちの催しにも参加していただいています。

確かに、会社の中では社長を叱ってくれる人も、評価してくれる人もいません。

次第に、自分の考え方、やり方がすべて正しいと思うようになり・・・

なかには、事業を始めたときの初心を忘れ、経営戦略などの勉強もせず、公職や名誉職に目がいったいり、ゴルフや趣味にうつつをぬかし、やがて社長としての役割を忘れていく人もまれにおられます。

さすがに、最近のように厳しい経営環境ではそんなに極端なことはないと思いますが・・・

社長の役割は何か?社長の責任は何か?これを明確に理解し、果たすべく行動していますか!?

竹田先生はその教材「戦略☆社長」で社長の仕事を次のように言われています。

社長にとっての第1の仕事は経営戦略をしっかり勉強し自分の実力を上位3%に高めることになる。

社長にとっての第2の仕事は商品、地域、営業などに規模の合った目標を定め、仕事がしやすくなる仕組みを作ることになる。

社長にとっての第3の仕事は、従業員と共に力強く実行することになる。戦術

社長にとっての第4の仕事は結果を分析して改善することになる。

経営規模の小さい会社では、社長の仕事はこの4つに集中することしかありません。

これらのことに、きちんと対応しようとすれば時間がいくらあっても足りないと感じるはずです。仕事以外のことなんて考えられませんよね。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 7:46 AM  Comments (0)