今強い会社は!?

毎日、複数の経営者とお会いしますが、必ず景気の話になり「他はどうですか?」と聞かれます。

まるであいさつのように・・・

他も良いわけはないのですが、でも消極的なことは言いたくないし、かといって嘘も言えないし・・・こう尋ねられることが近頃はつらいですね。

最近の不況はある部分から先が「マスコミ不況」でないかと思っています。

確かに欧米経済の後退の影響を受け経済環境は悪化しています。

しかし、実態以上にそれを増長しているのがマスコミの報道のような気がします。

実体経済よりもマインドが進み過ぎている気がしてなりません。それがさらに景気を悪くさせている恐れもあります。

事実は受け止めなければいけませんが、過度に反応せず、将来の1位を目指し「熱意・願望」の火を燃やし続けたいものです。

さて、このような経営環境になると、ランチェスター弱者の戦略がいかに正しいかよくわかります。

今強い会社はどのような会社でしょうか!?

エンド直販で、コツコツとお客づくりを実行してきたところでしょう。一方でお客が法人、間接販売は少し苦戦かも?

特定のお客に依存することなく、多くの顧客を作って来たところはやはり一番地力があるように感じます。

結局、経営の大原則である「会社はお客がいるから成り立っている」をまじめに理解し、取り組まれてきたところは強いですね。

次に軽装備である会社。そして内部留保が充実している会社です。

弱者はできる限り「安あがり」の組織を作り、利益性を高めることが必須です。

そしてその結果、好調な時でも調子に乗って生活を変えるようなことをせず、さらにお客づくりを追求し、将来の投資と保険として自己資本の充実に努めないといけません。

このような当たり前のことにどれくらいきちんと取り組んで来たか、今真価が問われているようです。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:10 AM  Comments (0)