法改正も・・・

ちょっとサーバーの関係で繋がらなかったと思います。

本日の更新も随分遅くなりすみませんでした。

複数の経営者の方に聞いてみました。

皆さん、ランチェスターを勉強したことがない人ばかりです。

聞いてみた内容は「経営において一番優先している事項」

色々な答えが出ました。

「一番は○○で、後は××、こんな感じかな・・・」

というような会話の○○に入るのは

「理念」「ビジョン」「利益」「従業員との連帯感」「企業倫理」「売上増」などなど。

まあ、みんな大事なものばかりですが残念ながら「お客づくり」や「1位づくり」と言われた方はおられませんでした。

理念、ビジョン、倫理などの言葉と一緒に、お客づくり を並べてみると、理念、ビジョン、がより崇高であると感じる方が多いような気がしました。(気のせい?)

でも経営の本質は「お客をつくり、増やしていくこと」

これは決して、いやしい行為ではありません。

むしろ、ここに焦点を絞って一点集中にコツコツやっていくことが弱者の正道かと考えます。

12月1日より、改正特定商取引法・割賦販売法が施行されました。

新聞では「これでは、営業ができなくなる・・・」というようなコメントも多く載っていました。

営業に制約が多くなったことは事実ですが、これは、ますます消費者主役の時代になってきた表れでもあります。

この法律改正は「顧客満足の量と質が問われるようになってきたよ。」と言ってくれているようなものです。

お客に選ばれ、好かれて、気に入られるために、1位の商品やサービスを真剣に作っていく必要性がますます高まってきたのです。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 11:24 AM  Comments (0)