スキマが埋まった?

脳の中心部に動物脳と呼ばれる部分があるそうです。

この動物脳は、腹が減ったとか、トイレに行きたいなどという生理的な要求がなければ、安楽をむさぼろうと企むらしいですね。

動物脳の支配が一番強いのは休み明けの月曜日。

つまり今日です。

土曜日、日曜日と気分が緩む日が2日間続くので、動物脳は悪さをします。

せっかく先週した決心を鈍らしてしまうのです。

何かを続けようとしたが続かないことを3日坊主と言いますがこれは、途中に土日が入って動物脳に支配されたことが原因ではないだろうか?と私は思いました。

最近、決心したことがある方、今日はより一層気持ちを強く持って事に挑んでください。

さて本日は「トップ1%の会」を開催します。

テーマは商品戦略です。1位の商品を作るために一日頑張ります。

経営では、商品がお客のおカネと交換できる唯一の資源であり、利益を生み出すたったひとつの資源でもあります。

競争力のない商品を作ったり、販売していたのでは、決して良い業績をあげることなどできません。

だから、どのような商品を作ったり、売ったりするかを決めることはとても大事な決定事項となります。

強い商品を持っている会社の事例を研究すると共通していることが、人が扱わないものを扱っていることです。

一言でいえば、スキマ的なものや特殊なもの。

むか〜し(と言っても10年ほど前)税理士の紹介会社の方が営業に来られたことがあります。

当時はそんなことをする会社も少なく「ふ〜ん、いいところに目を付けたかも・・・」と思っていました。

まあ、スキマ!!という感じでしょうか。

でも、最近「税理士紹介会社」がすごくたくさんできているようです。

その手のサイト数もすごく多いです。

今日もDMが届いていました。

さすがにこれだけできると、スキマは埋まった感じです。

それに誰でもできる仕事だったこともわかりました。

特別のノウハウも必要ないようです。ということは、強みを持たないことになります。

そうすると・・・

お客が欲しい税理士がいる限り、なくならない仕事かもしれませんが、次第に淘汰されていくのでしょうね。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:22 AM  Comments (0)