環境

ogushi2010_b2 

 

私が子供のころは「お盆になるとクラゲが出る」なんてことも言われ、8月の下旬になると海で泳ぐことを控え気味だったのですが、今年は9月でも十分泳げますね。

 

 

つい先日、定食屋さんで昼食を摂っていると、後ろの席の話が聞こえてきました。

 

「あかんな~」「あかんわ~」

 

どうやら同業者の方が数人で食事をされているようです。

 

「○○が9月で閉めるらしいで」「そうか厳しいな・・・」出てくる話は経営状況の厳しさを嘆く話ばかりです。

 

「しかし、民主党はどうやろ!?」

 

・・・・・

 

関係ないと思いますが。

 

 

一方、ある社長に誘っていただいたセミナーでは、その後の交流会で多くの参加者の方が「今年は経常利益率が○%達成!!」「来期の目標は△△!!」と景気のいい話をされていました。

 

業種は様々。今やどの業種も不況業種です。この方たちが特別恵まれたポジションにおられるわけではないようです。

 

このふたつの場面を思い浮かべて「自分が身を置く環境」は想像以上に大事だなと感じました。

 

積極的で前向きな考えをする人たちと一緒にいれば、同じような考え方になり、消極的で損得や目先の利益ばかり追いかける人たちと一緒にいれば、そのような考えに染まってしまう。

 

そんなことも十分あるのではないでしょうか!?

 

竹田先生も「願望や意欲がある人を見つけ出し、その人と定期的に会うこと」それが願望や意欲を高めるひとつの対策だと言われています。

 

このことは、実に大事なことです。

 

なぜなら、積極的で、願望や意欲がある人はだいたい目的や目標設定に長けています。

 

願望、意欲と目的、目標。

 

これで経営に必要なウエイトの80%を手に入れることになります。

 

この部分を同業者以上に高めれば必ず何らかの成果を生み出すことが可能でしょう。

 

 

今、自分がいる環境は適切か?

 

自分はいい方向に変化していっているか!?

 

1位づくりへの意欲が高まっているか!?

 

考えてみてください。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:01 AM  Comments (0)