公式どおり?

ogushi2010_b2

 

量の2乗×質。ランチェスターではよく出てきます。というか、これぞランチェスターと言うべき公式ですよね。

 

不躾ですが、この公式を信じていますか?そして、この公式を活用していますか?

 

自分はどうだろうか?と考えていました。

 

 

すべての経営者に平等に与えられている時間では、競争相手より仕事時間を長くする。

 

そして次に時間をムダなく、ソツなく使う。これで量の二乗×質が成立。

 

 

お客づくりもそうです。お客には命令できないので、自社専用のやり方でお客づくりを続けるしかありません。

 

しかし、ここでも競争相手がいますので、競争相手以上に営業力が高まらないとお客は増えません。

 

営業力とはたとえば訪問販売では、訪問面会件数の2乗×質です。

 

みなさんの会社、お店では訪問面会件数にあたるものは何ですか?

 

私の場合、訪問はしませんが、やはり面会、面談件数です。ここを増やすことが一番のポイントなので、増やす方法をいろいろ考え実行しています。

 

 

社長の戦略実力向上も 量の二乗×質です。戦略実力が高まれば、業績が向上する確率は高まります。

 

その戦略実力を向上させる場合の量とは、経営戦略を勉強する時間を増やすことです。

 

本気になれば時間は作れます。移動時間にCDなどを聞いてもいいし、休みの日を戦略研究日にするのもいいし、やり方はいくらでもあります。

 

倒産会社の9割は、朝遅く、仕事時間も少なく、しかも日中は余計なことに時間を使っていると竹田先生。

 

経営は決して特別なものではありません。

 

勉強もスポーツもそうですが、かなりの時間を練習や訓練に投入し、そして研究に時間を費やしています。

 

経営も同じで例外ではないのです。

 

と自分に言い聞かせる今日この頃です。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:17 AM  Comments (0)