当たり前活動

ogushi2010_b2

一昨日は一五夜。 昨日の月もきれいでした。

 

秋ですね~

 

 

「最近売り上げが減ってきて・・・」

 

「そうなんですか、お客を作るためにどんなことをやっていますか?」

 

「いや、特に・・・」

 

何もやっていない。

 

「既存のお客にハガキとか出していないのですか?」

 

「そんなの無駄でしょう!?」

 

定番のハガキ、ニュースレター、ブログなどもやっていないようです。

 

「ハガキは漢方薬」と竹田先生。ニュースレターやブログも同じでしょう。

 

自分の思いや考え、自社の取り組みを発信することで、同感していただけるお客様に届きます。

 

目に見えませんが、お客はその情報でつながっていることが案外多いのです。

 

派手さはないけれども、自分たちの考えや取り組みを定期的にニュースレターで流されているお店があります。

 

そのニュースレターは、見るからに安心感、安定感があるしっかりとした内容のものです。

 

これを通じてお客はこの店に対する信頼感を育まれるのでしょう。

 

このニュースターで、急に売れ出すことはないでしょう。

 

でも、いつも自分の店や会社を支えてくれている既存のお客に感謝を伝え、信頼に値するところだと安心感を与え続ける行為は大事だと思います。

 

そんな活動が今日の売り上げにつながっているのだと思います。

 

そう言うと「やっぱりハガキ、ニュースレターで売り上げは上がらない!!」と言う方もおられます。

 

そうなんです。急に上がらないことも多いのです。でも種まきのようなその活動があるからこそ、明日もお客に来ていただけるのです。

 

別に力まずに、当たり前の経営活動として取り組めばいいのです。特別なことではありません。

 

この当たり前の活動をしなくて、弱者としてどうして生き残れるのか?疑問に感じます。

 

 

さて、10月7日、ランチェスタービジネス京都では本年最後のセミナーを開催します。

 

講師はハガキの達人、ホワイトベースの小串広己社長です。

 

ハガキ1枚があなたの経営を変えるかもしれません。いや変えるでしょう!?

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:12 AM  Comments (0)