無意識の判断

ogushi2010_b2

 

「今日はしんどくて厳しい一日だけど何とか頑張れた・・・」「ヤマ場を何とか乗り切れた・・・」と思いながら一日々々が過ぎていきます。

 

各個撃破的な日々、その積み重ねが大事です。

 

と思いつつも、それだけでは×。

 

「今日も一日いい仕事をしたなぁ」と満足しているだけではダメですね。

 

兵士の術は必要ですが、将軍の時間を持つことは重要です。

 

 

さて、今日は早朝戦略塾の第2回目です。

 

経営は判断の連続です。(当然ですが人生も判断の連続です。)

 

昔「判断は無意識がする」と脳に関する本で読みました。

 

ということは・・・・

 

「無意識に正しい判断」をしてもらうことが必要です。

 

でも、無意識はコントロールできません。

 

そこで経営の判断をするとき「弱者の戦略」で正しい選択ができるように無意識レベルに正しい知識を落とし込もうというのが早朝戦略塾です。

 

日曜日に来ていただくのは一つの目標です。強制力です。

 

肝心なのは自習。何度もCDを聞き、テキストをじっくり読んで、自分で深~く考え、無意識に落とし込んでいただくのが早朝戦略塾の目的です。

 

本日のテーマは「戦略と戦術」「ランチェスター法則」

 

ランチェスター法則と言えば第1法則と第2法則の2つの法則(公式)から成り立ちますが、人間というのはすごいものです。

 

この二つの法則を第二次世界大戦に活かしたり、経営に活かしたりとイメージ豊かです。

 

この法則から、経営の現場では「二乗作用」が働いていることがわかりました。

 

このことを見つけた人もすごいですね。多くの社長は知らないと思います。

 

二乗作用を受けているのに、その存在を知らずに、影響を受け業績が芳しくない・・・

 

そんな状況のときは「ウチの業績が悪いのは社員のせいだ!!」なんてことを言うことがあるらしいです。

 

「社員のせい・・・」そう思うことがある方はどこかで「二乗作用」を受けていないか探してみてください。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 10:38 PM  Comments (0)

大事なことは?

ogushi2010_b2

 

涼しくなりましたね。

 

エアコンをつけてもあまり涼しくならないので窓を開けたら、外の方がもっと涼しかった昨日でした。

 

 

昨日は滋賀県にて「出張社長塾?」を実施させていただきました。

 

ご参加の皆様は、あまりランチェスター経営をご存知ない方がほとんでした。

 

過去の社長塾の受講生は、竹田先生のセミナーに行かれたり、竹田先生の本を読む等、ある程度知識を持って受講される方がほとんどでしたので、新鮮に感じるシチュエーションでした。

 

さて、私はいつもはじめてお会いする方にランチェスター経営に関する話をさせていただくときは、冒頭に「経営で一番大事なことは何だとお考えですか?」との質問をさせていただきます。

 

これが千差万別。色んな答えが返ってきます。

 

今回は、「お客に好かれること」とか、「継続的なお付き合いをすること」など、かなり具体的な答えが返ってきました。

 

ちなみに今回の受講者は2代目の経営者もしくは将来の経営者の方々です。

 

具体的な答えが返ってくるのは、具体的な仕事に従事されているということです。

 

どちらかといえば戦術の分野に属する意見が多かったので、普段の役割もその分野の仕事が中心なのだと思います。

 

数か月ほど前に、開業後10年くらいの創業社長のグループに聴いたときは「目標設定」「計画」「社長のやる気」など熱意願望や広い意味での戦略に属する答えが多かったのを思い出しました。

 

どちらがいい悪いではなく、現在の役割を表しているところが面白いと思いました。

 

もっとも、いずれも「部分」です。

 

最終的には熱意願望53%経営知識47%をご理解いただき、経営のフルラインを理解、実践していただく必要があります。

 

経営を行っている時、これは願望、目的、目標、戦略、戦術のどこに該当するのかを理解して行うことは重要なことです。

 

これができれば大きな混乱や無駄がなく、より効果的、効率的な経営を実践することができます。

 

そして、思いつきの経営とおさらばです。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 7:46 AM  Comments (0)