趣味

「趣味は何ですか?」と聞かれたり「ゴルフはやるの?」などと聞かれることがよくあります。

 

残念ながら私は無趣味で、ゴルフどころか、スポーツらしきものはやらない、マージャンも将棋も囲碁もやらない、酒は飲めない、旅行も行かない、音楽は聞かない、映画も見ないなどと本当に趣味とは縁がありません。

 

そんなことを言っていると、しまいには「何か一つ趣味をもたないといけない!!」と説教をされる始末です。

 

特にまわりが趣味人的経営者ばかりだと、趣味も持たない、つまらない人間と言われているような気分になってしまいます。

 

しかし、弱者はそこで我慢して、孤高の人を貫かねば!!

 

それに、私の場合、そんなに器用ではないので、あれもこれもうまくこなせないことがわかっています。

 

色々やることでシナジー効果があるように言われる方もおられますが、逆に何一つ成し得ないタイプのような気がします。

 

やっぱり私には「集中」の方が向いているように思います。

 

いえ、本当は「没頭」とか「三昧」の境地まで行ければいいのですが、またそのあたりが中途半端なので・・・

 

 

竹田先生はこの趣味問題について、仕事の中に趣味と置きかえのきく研究テーマを作ればいいと言われます。

 

手順としては、自分が優れていると思う分野で重要と思われるものの中から、いくつかのテーマを選び出し、当面の課題として研究するそうです。

 

それは「仕事と違うの?」と思うのですが、お金を生まない間は趣味なのだそうです。

 

なるほど、竹田先生はサラリーマン時代に「ランチェスター戦略」の研究を趣味にして何千時間も研究し、そのテーマについて日本のトップになられたわけですね。

 

そんなに風になれる分野を探すのがまた一苦労では・・・

 

そんなことを考えていたら昨日の新聞に、19歳でドイツの名門クラブに羽ばたくことになった宇佐美選手の「人より5分でも長く練習すれば、大きな差となって身につく」とのコメントが載っていました。

 

「人より長く練習」することで実力をつけ、認められるようになった努力の天才ですが、このような記事を読むと、勇気づけられます。

 

やっぱり趣味のことは考えず、仕事で人より多い量の投入を行動の基本とせねば!!

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 7:28 AM  Comments (0)

7月の前に

おはようございます。

 

今日も朝から暑いですね。

 

暑さに負けて、ついに上着を着用することを断念しました。根性ないな~

 

 

さて、暑いけれど、そうも言ってはいられません。

 

6月も、今日と明日で終わりです。

 

明後日からは、後半の半年が開始します。

 

前半でやり直したこと、新たに実行することなどを整理して、もう一度目標設定するのは今ですね。

 

とたいそうなことを考える前に、今日は一番の基本である「時間戦略」を再点検しておきましょう。

 

 

1.仕事に投入する時間の総量をはっきり決める

 

2.仕事は何時から始め、休日はどうするかもはっきり決める

 

3.その時間を量と質の時間に分け、70%から75%を、主な目的の量の仕事にふりわける

 

4.早朝か前の日の夕方に15分から30分を使って、当日あるいは翌日の行動計画を立て、それをメモする

 

5.計画に従って仕事を一つ一つ集中的に解決していく

 

6.仕事が予定どおり行われたどうか、これをチェックする

 

1番目から3番目が戦略分野にあたり、4番目から6番目が戦術分野にあたります。

 

 

①仕事に投入する時間量そのものが不足している

 

②本来自分がしなければならない、主な目的以外のことに多くの時間に使っている

 

そうなっていないかどうか確認してください。

 

①はだいたいできていますが、 ②に関しては、少し考えこんでしまう私です。

 

本当に自分でなければいけない役目、仕事に時間投入で来ているか?結構重たいテーマです。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 9:00 AM  Comments (0)

猛烈

経営者の悩みで多いのは、「お金に関すること」そして「社員とのコミュニケーションに関すること」ではないでしょうか!?

 

さて、組織戦略のなかにPMリーダーシップ論というのがあります。三隅二不二(みすみじゅうじ)さんが提唱された理論です。

 

社員のことをぼやくのは少し休んで、自分のリーダーシップの資質をチェックしてみませんか?

 

 

リーダーシップがあるか否かを、二つの能力で4つのタイプに分けます。

 

人を動かしたり、計画を練ったりして目標を達成する能力(P)と、メンバー間の人間関係を良好に保ち、集団行動を円滑に進める能力(M)

 

たて軸にP機能を、縦軸にM機能取り、マトリックスで表現します。

 

そうすると4つのリーダーシップタイプ(PM型、Pm型、pM型、pm型)に分類されます。

 

PとMが共に高い状態(PM型)のリーダーシップが望ましい、とした考え方です。

 

PM型(P・M共に大きい) 

目標を明確に示し成果を上げ、集団の維持にも配慮する理想型のリーダー

 

Pm型(Pが大きく、Mが小さい) 

目標を明確に示し、成果をあげるが、集団をまとめる力が弱い。

成果はあげるが人望がないタイプ(猛烈タイプ)

 

pM型(Pが小さく、Mが大きい)

集団をまとめる力はあるが、成果をあげる力が弱い。(遊びタイプ)

人望はあるが、仕事は今ひとつというタイプ

 

pm型(Pが小さく、Mも小さい)

成果をあげる力も、集団をまとめる力も弱い。リーダー失格タイプ。

 

このようなマトリクスで評価する場合、より重要なのはたて軸の項目です。

 

この場合、たて軸はP(目標達成能力)

 

まずは目標に向かって社長が驀進する能力が大事ですね。

 

そういえば、社長はPm型の「猛烈タイプ」が多いような・・・

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:11 AM  Comments (0)

あれ!?願望は・・

また新しい週の始まりです。

 

今日も暑くなりそうですが頑張りましょう!!

 

 

日産ラフェスタという車のCMが流れていますが、あの車はマツダプレマシーなる車のOEM供給ということをお聞きしました。

 

気がつかなかったのですが、国産の新車が出ていないそうです。

 

そうだったのか、でもがんばれ自動車産業。

 

今日は私も車で移動することにします。

 

 

さて、私自身のことで恐縮ですが、繁忙期を過ぎてしばらくする今日この頃、ふと考えることがあります。

 

「自分がやりたいこと、目指すことは何か!?」とか「どんな会社になりたかったのか!?」なんていうことです。

 

いつもそうです。忙しい時は目の前の仕事に追われそんなことを考える余裕もないのですが、一段落すると頭に湧いてきます。

 

願望53%、 目的・目標27%、 戦略13%、 戦術7%。

 

願望は何か!? これが問題です。

 

当面の仕事はあり、それなりに充実はしますが、心躍るようなものがない、しびれるほど手に入れたいものがない、執念というものもない。過去の怨念があるわけでもない。

 

願望の53%があいまいです。

 

何か、願望を達成するために事業をしているはず。少なくても「こうなりたい!!」との思いがかつてはあったはず。

 

それをもう少し細分化した具体的な目標にし、その目標を達成するための方法を考え、全員で実行しようとしていたはず。

 

そのために竹田ランチェスターを実践しているはず。

 

それがいつしか効果的な戦術や戦略を見つける日々になってしまってはいないか!?

 

もちろんそれも大事な仕事です。

 

でも、経営者は同時に「願望」を抱き続けなければいけません。

 

それが今は順番が逆になっていないか!?

 

 

願望53%。

 

はっきりさせないと・・・

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:12 AM  Comments (0)

やり直し

毎日、真夏のような暑さですね。

 

昨日よりも気温は低くなるとの予報ですが、それでも朝から暑いです。

 

さて、暑くても日曜日は早朝戦略塾です。

 

 

資本金の大小も、従業員数の多少も、建物の大小も関係なくできる。

 

今日はそんな戦略を勉強します。

 

そのテーマは何でしょうか!?

 

そう「顧客戦略」です。

 

商品戦略はお金がかかる場合があります。地域戦略は事前に十分な調査が必要だったりします。

 

それらに較べると

 

今日からでもすぐできる、難しいことはひとつもない、顧客戦略。

 

しかし、それなのに自社にとっての顧客対応を考え、実践できる会社が少ないように思うのはなぜでしょうか?

 

顧客起点の業務規則集を作っていない会社も多く、作ってもそれを実践しない会社が多いように思うのはなぜでしょうか?

 

今回のテキストにその答えが載っていました。

 

それは「どうしてもこんな会社にしたい!!」という熱意願望が足りないからです。

 

経営が大変だ、資金繰りが苦しい、売り上げが落ち込んでいる、何とかしたいといいながら、どこかで骨身を惜しんでいないでしょうか?

 

 

私の場合。それは確かにある。

 

 

昨日、予習をしていて、お金もいらない、資本金が少なくてもできる、そんな「顧客戦略」をもっともっと磨かねばと反省しました。(反省だけはよくします)

 

目の前の仕事が忙しい、先にこれをやらねば、とつい後回しになりますが、弱者は「顧客維持」がすごく大事なのに、その対応を後回しにしていることに気づきました。

 

順番が逆です。 

 

あかん!!全部やり直しです。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 6:27 AM  Comments (0)