勘違い

本日は早朝勉強会がお休みの日です。

 

たまには、心に自然と湧いてくることを見つめる日にしようと思っています。

 

 

競争が激しくなって、サービスが向上するのは大歓迎です。

 

と最近感じたのは郵便局。

 

郵便は切手を貼ってポストや窓口へ、メール便は民間の宅配業者へ、荷物は郵便局か宅配業者とバラバラだったのを郵便局一本にまとめていただきました。

 

きっかけは郵便局の営業。

 

料金後納で切手を買いに行く手間が省け、毎日集配でポストに行く手間が省け、おまけにメール便や荷物の配達代が今までより安くなりました。

 

これは本当におまけで、時間の節約が大きい効果です。

 

でもその分、郵便局の人は大変ですよね。昔はやらなかったことを、今はやらないといけないのですから。

 

私たちの楽ちんは、郵便局の大変。

 

 

思えば、銀行や郵便局はこちらから出かけていくものでしたが、今やほとんど行かなくて済むようになりました。

 

関係ないけど税務署も行かなくなりましたね~。

 

 

消費者はどんどん外へ出なくなる。

 

だから商売人はどんどん訪問するようになる。

 

そうなっていくのでしょうか? いくのでしょうね。

 

お客はどんどん便利になればいいのです。

 

しかし、その分商売人はどんどん不便なことをしなくてはならないのです。

 

ネットの普及やITで合理化はいいのですが、「お客のための合理化」と「自分が便利になって楽になる」を勘違いしそうな自分にいましめ。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:13 AM  Comments (0)

指標

ある講演会。

 

ある会社の社長が自社の業績についてコメントされていました。

 

売上高〇〇億円、経常利益額△△千万円。

 

それを聞いていたある経営者

 

「売上高〇〇億円なのに、経常利益はたった△△千万円か!?」

 

「効率良くないなぁ・・・うちの方がいい」

 

 

そうとも言えないでしょう・・・

 

売上高の大小は業種によって大きく違います。

 

売上高と経常利益の比較では、効率よく利益を残しているかどか、単純に比較することはできません。

 

売上高に代えて粗利益を使うべきでしょうね。

 

 

総合的な指標として、総資産利益率や株主資本利益率などを使われる会社もあるようです。

 

それがいけないということではないのですが・・・

 

現在使われている経営分析は資本を多く使う「工業化社会用」です。

 

資本をあまり使わないサービス業や知識型事業ではあまり意味がないように思います。

 

 

事実、私のところなど資本なんてまったくありません。

 

安物の車とオフィスの保証金くらい。

 

ちなみに、株主資本が少ない(負債が多い)会社は株主資本利益率が高くなったりします。こうなるとあまり意味ない指標に・・・

 

 

とにかく、中小会社は資本の力よりも人の力が中心となります。

 

そんな経営はPLが中心になります。

 

目に見える資産は比較的管理しやすいのですが、1期で消えて残らない経費はすぐに目に見えなくなるので管理が難しいですね。

 

経営者は経費の配分に対する成果の測定をしっかりしておかなければいけません。

 

経費の使い方で利益性が違ってくるのがPL中心の経営です。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:08 AM  Comments (0)

準備と計画

昨日のブログでも書きましたが、財務対策について少しの時間話す機会をいただき、資料作りをしているのですが、これが四苦八苦。

 

仕事の合間を縫って、と思うとなかなかはかどりません。

 

そう感じているからか、コンサルタントの方で月に10日も20日も講演をして、本まで書いて、なんていう人はスーパーマンに思えます。

 

でもここで、ひとつ疑問が。

 

そんな方は、コンサルタントの本業であるコンサルティングをいつ、どれくらいされているのでしょう?

 

私のような凡人には本業のコンサルティングをこなしての講演や執筆はどう考えても超人としか思えないのです。

 

やっぱり年間6,000時間くらいは仕事されるのでしょうね。

 

 

さて、毎日8時30分~9時は私にとって準備のための時間です。

 

この時間があるので仕事(作業系)は計画的に進むと感じています。

 

作業の進捗だけでなく、必要な連絡することを忘れることもなく、メール送信を忘れることもなく、ミスの防止にもつながります。

 

しかし、最近ひとつ足りないことがあるなと感じています。

 

それは日々の準備でなく、もう少し長い期間の計画。

 

1年とか3年ではなく1~3か月程度でいいのですが、その計画が不足しています。

 

準備は完全に作業。

 

計画も作業かもしれませんが、見えざるものを見えるようにする大事なつなぎ役。

 

 

そのつなぎ役に登場していただいていない最近は、そもそも見えざるものが頭の中に詰まっているのかということ自体が最近はだいぶ疑わしいものです。

 

一度引っ張り出して整理してみたいものです。

 

もうすぐ来る8月、そして9月、どんな成果を得るために、何をやろうとしているのか?

 

やばい、はっきりしていない・・・

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:03 AM  Comments (0)

財務とは

今度「財務戦略」をテーマに少し話をする機会をいただきましたので、その資料を作成しています。

 

財務とは何でしょうか?

 

財務戦略とはどういうことを言うのでしょうか?

 

財務戦略とは一言でいえば「安全な資金配分と、有効な経費配分で利益性を高めて良い会社にする戦略原則」

 

このように定義しております。

 

ちなみにこの言葉は竹田先生の作ですが、私も同じように考えていました。

 

要はココというところに資金を投入して成果を出すことなのですが、問題は2つあると思います。

 

ひとつはココというところがどこか?なかなかわからないということです。

 

もうひとつは投入する資金が少ないということです。

 

資金がふんだんにあるなら、少々荒っぽくあちこちに投入して、どこが効果的か測定すればいいのですが、資金が少ないとそういうわけにはいきません。

 

少ない資金を効果的に活用する必要があるので、そこに戦略が必要となるのです。

 

ココといところは、商品、地域、客層を絞り込んで「ここで1位になる!!」というところを決めることに通ずるでしょう。

 

また、決めたところでお客を作るために営業のやり方を考え、実践しないといけません。

 

戦略に関する知識も必要ですが、お金がかからない方法、お金が少なくて済む方法で何度も実践することも必要でしょう。

 

こう書くと簡単なように見えますが、これを競争相手以上に多くやらないといけません。

 

よく「数字のことはよくわからない」と言われる経営者がおられますが、上記のように財務の役割は数字を読むことではありません。

 

お金は手段、大事なのはどこにお金を投入すればいいかを決めるということ。

 

自分が決めた投入場所への投入ですから、その結果がどうなのかは気になるでしょうから確認したいはずです。

 

にもかかわらず「数字のことはよくわからない」と言うことは、経営のことがよくわからないと言っているようなもの。

 

これは言いすぎでしょうか!?

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:33 AM  Comments (0)

もっと集中

「自転車は原則車道の左を走る。13歳以下及び70歳以上、身体障害者などは歩道を走ってもよい。この場合も歩行者優先で歩道の車道寄りを徐行しなければいけない」

 

と道路交通法では定められているそうです。

 

知らなかった・・・

 

他にも色々と自転車に関する規則はあり、こうしてみるとほとんどの自転車は違法走行と言えるでしょう。

 

知らないということは恐ろしいことです。「ベルを鳴らして歩行者を押しのけて走るのは当たり前」とばかりに、間違ったことを堂々と行っているのですから。

 

法律として目で見えるものでもこの有様ですから、目に見えない経営では様々な間違いが行われていることでしょう。

 

「知っていたら・・・」

 

と後悔しないためにも、竹田ランチェスターで経営の原理原則を頭に叩き込んでいただきたいと切に願います。

 

 

そう言いながら、最近 車での移動時には、ランチェスター経営 竹田先生の教材テープよりも、TKC創設者の講演録を聞くことが多くなっています。

 

私にとっては熱意願望系(これもまた大事なのです)

 

久しぶりに聞くものもあり、今までは頭でしか理解せず、本当の大事さなどわかっていなかったことが多くあることを痛感します。

 

では、これから本当の大事さがわかって実行できるのかというと、その保証もありませんが、以前より少しは成長していることも事実と感じます。

 

「あ~、今まで何をやっていたのか・・・」「もっと、信念を持って集中しておくべきだった・・・」

 

と反省することが多々ありますが、でも今からでも遅くない、ここからもう一度歩き始めようと決心しています。

 

そういえば、前の日も、その前の日もそんなことを考えていたような・・・

 

毎日が勉強、日々精進ですね。

 

熱意願望系も経営知識系も大事です。もちろん実践はさらに大事。

 

すべてにもっと集中!!集中!!

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:00 AM  Comments (0)