環境を変える

雨も上がった月末。

 

今日中にやるべきことをやれ!!と空に言われているようです。

 

 

最近特に営業の電話が多いように思います。

 

みんな必死なんだなぁ~ いえ他人ごとではありません。

 

見習わなくては。

 

営業の内容はホームページ制作、税理士紹介サイトへの登録などが多いでしょうか。

 

でも、うちのホームページも見ずに、ホームページの営業されるのは少し腹立だたしい感じです。

 

情報収集もせずに・・・

 

まずはうちのホームページをうそでもいいから誉めて、それから「こうすればもっとよくなると思いますよ」なんて改良のヒントなど教えてくれたら、一度くらい話を聞いてみようかという気になるかもしれないのですが・・・

 

一度竹田先生の「開拓名人」を見ていただきたいですね。

 

 

さて、ラグビーのトップリーグが開幕しました。(またラグビーネタか・・・)

 

土曜日、日曜日の夜はまたこれに時間を使うことになりそうです。

 

事実、昨日、今日と5試合ほど見ております。

 

竹田先生は「休日の半分を戦略の研究に充て・・・」と言われているのですが・・・

 

 

ところで、日本のラグビー界もここ数年、外国人プレイヤーが増えました。

 

それもニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアなど世界のトップチームでキャップを持っているような有名な選手が日本にやってきます。

 

若干年を取っており最盛期は過ぎてはいるのですが、それでもまだまだ実力は高い選手ばかりです。

 

「おお、さすが!!」と思うようなプレーが随所で見られます。

 

このような選手が増え、一緒にプレーすることで日本人選手のレベルも上がることでしょう。

 

 

自分がどのような環境に身を置くかということはすごく大事なことだと思います。

 

私も、熱意願望が高い人、戦略実力の高い人ともっとおつきあいさせていただかねば・・

 

また、自分の組織に異質なものを取り入れることも試すべきかと感じます。

 

 

ラグビー観戦も経営のヒントになるのです、との言い訳?

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:05 AM  Comments (0)

やってみる

本日は早朝勉強会がありません。

 

たまにはどこかに出かけようかとも思いましたが月末です・・・

 

朝はいつもよりゆっくりしましたが、これから片づけておかないことがたくさんあります。

 

それに雨だし・・・

 

やるべきことがあることに感謝しておきましょう。

 

 

先日、折り畳み自転車で約7~8キロメートル先の仕事先へ出かけてみました。

 

その日は天気も良かったし、時間も心も余裕があったので何となく気まぐれ。

 

時間を効率よく使うという意味では×!?

 

時間戦略失格。

 

小さなタイヤの折り畳み自転車(最近はフォールディングバイクと呼ぶらしい)はせいぜい1~2キロの距離で使うモノというようなことを思っていました。

 

が案外行けるものです。

 

何でもそうですが、やってみないとわからないものだと思いました。

 

一度7~8キロを経験すると4~5キロは何でもないものです。

 

4~5キロといえば、うちの事務所からなら京都市内の主要地点はほぼカバーできる距離です。

 

今ならどこでも行けそう・・・

 

こんな些細なことですが、やってみるということは大事だとあらためて感じました。

 

できることがわかると色々発想が広がります。

 

経営でも同じだと感じました。つべこべ言わずにやるべし!!

 

頭だけで考えたり、決めるのではなく、体験するべきで、やればその結果が蓄積する、といまさらながら、こんな当たり前のことを思うことが多いこの頃です。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:00 AM  Comments (0)

赤字90%

カジノに100億円超!!

 

大企業はいいですね、社長、会長まで務めた人がこの程度の人物でも会社はつぶれないのですから。

 

従業員3,000人の大企業では業績の何%が社長で決まるのでしょうか?

 

 

さて、法人の赤字割合は70%を超えていますが、ネット販売については90%以上が赤字であるとのコメントを読みました。

 

二次情報なのでネット販売の赤字比率については何とも言えませんが、確かに利益が残らないという話を複数の方から聴いたことはあります。

 

 

例えば、地域戦略という考え方はネットの世界には当てはまらないのだろうか?

 

と考えてみました。

 

確かに意図的に地域を絞るというようなことは難しいかと思います。

 

ということは強者も弱者もほぼ同じ条件で戦わないといけないということです。

 

山や川やあるいは高速道路や橋などで分断される障害物がないので1位の地域をつくることは困難です。

 

これはどこまで広がる大平原で営業するようなものです。

 

もろに強者とぶつかる確率戦になるのですね。

 

しかも分断する障害物がないということで、通常より二乗作用が働きやすいのです。

 

経営手段の大きさがモロに影響します。

 

となると、通常以上にいかに商品、客層で差別化するか?が肝心であるということです。

 

またリピーターを確保するにも大きな経営資源が必要です。

 

大変だ・・・

 

90%以上が赤字ということが理解できます。

 

たくさんの障害物で分断された、小さな市場を探すのが賢明のようです。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:13 AM  Comments (0)

日課

おはようございます。

 

急な冷え込みのせいか、風邪をひいている人が多いようです。お気をつけ下さい。

 

 

毎朝新聞を読む。というのが日課になっている人は多いと思います。

 

私も毎朝、朝刊を読むのを楽しみにしており、朝はここからスタートします。

 

ところで、最近気がついたのですが、私は記事よりも広告に興味を持ちながら読んでいるようなのです。

 

 

1面の下の方に雑誌などの広告。または書籍の広告。これを見て読みたくなる雑誌や書籍は結構多いですね。

 

通販も面白い。ぎりぎりのあやしい商品が載っているのがいいですね。テレビショッピングをしている会社が新聞で通販しているものもあります。

 

臨場感はないので買おうと思いませんが・・・

 

健康食品などはインパクトのあるコピーを並べています。

 

これは勉強になります。まず言葉で引き込まないとだめなので色々考えてあります。

 

日によって違うかもしれませんが、ある日の朝刊は全部で40面のうち1面全部が広告のページが11面。

 

半分広告が5面、3分の1広告が10面、4分の1広告が7面。

 

広告がないのは2面だけと、実はおおむね全体の3分の1以上は広告でできていると睨んでいます。

 

新聞は記事よりも広告を見ていたのです。

 

 

私が最近気になるのはメーカーが直販する場合の広告。

 

例えば皆さんも目にされたことがあると思いますが餃子。

 

餃子メーカーが工場直売を始めた!!という広告です。

 

今までは食材卸やスーパーに卸していたものを直販しているようです。

 

しかも通販。

 

見込客を新聞広告で探しており、だいたい1セットは1,000円~1,500円程度。何セットか購入しても5,000円程度です。

 

卸とくらべてロットが小さく、配送料、代金回収などにコストがかかるでしょうね。

 

竹田先生が間接販売をしているとことは直売を目指せ。ただし見込み客を探すのが難しく、販売コストがかさむと言われていますが、そのとおりです。

 

ああ、この餃子メーカーも苦労しているのか?思いながら眺めるとさらに興味深くなる広告たちです。

 

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:15 AM  Comments (0)

田舎VS都会?

昨日は寒いくらいでしたね。

 

特にそう感じたのは、まだ夏物スーツだったせいか?

 

電車の中を見渡すとしっかり防寒している人も多く、皆さん確かな情報収集をして対処されているのだなと感心です。

 

 

前は田んぼ、駅までは少し遠い、郊外と言うと聞こえはいいのですが、はっきり言って田舎。

 

こんな場所にあるレストランが昼は3回転、夜もほぼ連日満員だと聞きました。

 

営業範囲内に、大きくはないけども、この店を満員にするくらいの市場はあるようです。

 

競合はほとんどないよう。

 

 

一方、昨日も京都の街の真ん中を歩いて帰りましたが、居酒屋、イタリアレストランその他いろいろなお店の呼び込み。

 

10メートル間隔で立っているのでは?

 

と思うような景色です。

 

昔はこんな光景を見ることはなかったのに・・・

 

外から窺うと、どの店も空席が目立ちます。

 

田舎の店と街中の店、このふたつをくらべて「鶏口となるも牛後となるなかれ」を思い出しました。

 

やっぱり、小さくても1位になると粗利の発生源であるお客が多いようです。

 

「こんないい場所に出店してすごいな」と思われても、多くの競争相手の中に埋もれて確率戦に巻き込まれると、格好は好くても集客に苦労するようです。

 

私の事務所のまわりも飲食店が増えてきます。

 

賑やかになっていいし、お客にとっては選択肢が増えていいのですが・・・

 

(と言いながら、あまり行ったことはないのです)

 

前からあるお店の人に聞くと、新しい店ができるたびに来店客が少なくなるようで、間違いなく毎日競争は繰りひろげられているようです。

 

どんぐりの背比べ、当分の間、消耗戦は続くような感じがします。

 

「鶏口となるも牛後となるなかれ」肝に銘じます。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:01 AM  Comments (0)