身近なところに

通勤する人を見ていると、10月に入り、ぐっとスーツ姿が増えました。

 

何かしら、身が引き締まる思いです。

 

 

竹田先生曰く、人は今の自分を放置し、遠いところに目標を置こうとすることがある。

 

その結果、ほかの業種が良く見えたり、今の仕事とは何の関係もないのに高い金をかけて英会話に行ってみたり、仕事を犠牲にしてでも趣味を求めたりするものらしいです。

 

ときには、全く違う業種に手を出すこともありますね。

 

しかし、自分自身の能力を開発して、すばらしい人生を送るきっかけを作ってくれるものは自分の足元にあるのだそうです。

 

 

自分自身にとって最も近いものの一つ目は時間。

 

これこそ誰にでも平等に与えられている唯一の資源です。

 

ストックも相続もできないので過去の条件が不利な人でもこの時間を活用することで逆転のチャンスもあります。

 

 

二つ目は毎日取り組んでいる現在の仕事。

 

隣の芝生は青く見えますが、決してそうではなく、結局自分の仕事からしか1位は生まれないのです。

 

1位になる何かは気づかないだけで自分の仕事の中にあります。

 

 

三つ目は自分の潜在能力です。

 

これといった才能や特技がないと思っていても、自分の中に自分が知らない宝が多く隠されているのです。

 

しかしこれは体の奥深く隠されているので遊んでいたり、努力せずにいれば決して開発されることはありません。

 

神様は努力する者だけに、その宝のありかをこっそり教えてくれるのだそうです。

 

 

身近なものの四つ目は地元です。

 

今自分が住んでいるところ、仕事をしているところに1位になるチャンスが潜んでいるのです。

 

地元で何かで1位になってみると地元の良さがよくわかるそうです。

 

 

この竹田先生のメッセージに、とにかく今自分が取り組んでいることをもっともっと大事にしてみようという気になりました。

 

掘り下げてみよう!!

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:01 AM  Comments (0)