動きの速さ

おはようございます。

 

連休も明けて、気候もいいし、あらためてスタートダッシュするつもりでいきましょう!!

 

 

さて、ラグビーワールドカップはベスト4が出揃いましたね。

 

私の予想ではフランスが残るとは思っていませんでしたが、あとは やっぱりそうか という感じです。

 

日本は残念な結果でした。

 

日本チームの首脳陣や評論家はよく、日本の速さを活かして勝負する というようなことを言われますが、その速さもライバルと比較して絶対的なものとは思えません。

 

むしろ海外のチームの方が速い気が・・・

 

もっともっと、磨きをかけないと強みとまで言えない気がしてなりません。

 

 

弱いチームが動きの速さを保つことは経営でも同じです。

 

大きな会社に負けないようにするには、動きの速さが肝心であることはラグビーと同じなのです。

 

経営では動きを早くするには軽装備の経営をしなければなりません。

 

軽装備の一つ目は組織です。

 

軽装備の組織とは粗利益を作り出す仕事により多くの人を配置することです。

 

次に経理など会社の内部の仕事は徹底して合理化し、作業量を少なくします。

 

3つ目は役職を少なくして階層を少なくします。

 

 

軽装備の二つ目は資金の配分です。

 

これは総資産が拡大しないよう、油断なく資金配分することです。

 

まずは事務所の備品や社長の車にあまりお金をかけないことと竹田先生はよく言われます。

 

次にたとえ生産設備などでも使用頻度が少ないものは中古品にするか外注することです。

 

最後は売掛債権の回収を早くする努力です。

 

こうして浮いた資金で粗利益を生み出す売れ筋商品の在庫を競争相手以上に多く持ち、競争力を高めます。

 

シンプルな組織と持たない経営。これが軽装備の基本のようです。

 

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 7:59 AM  Comments (0)