今日も反省しています

本日は雨か曇りかはっきりしない様子です。

 

今日はともかく、早朝勉強会がある明日は何とか持ち直してほしいものです。

 

 

竹田先生は「中小企業は仕組みづくりが弱い」とその教材で解説されています。

 

私自身がそうなのでこれは実感します。

 

熱意願望53%で思いは大事ですが、残り47%は経営知識で、仕組みはその一部です。

 

このバランスをよくせねば。

 

思いを言葉にすれば心地よく感じ、わかったつもりになり、ときには感動的ですらありますが、具体性がないので即実行とはなりません。

 

思いを具体的な作業に展開する橋渡しが仕組み。

 

 

その仕組み作りは面倒です。

 

ちょっとした作業のマニュアルを作ろうと思っても、その作業についてじっくり時間をかけて分析整理し、正しい手順にして、文章や数値で表現しなければいけません。

 

作ったからといってすぐに実行できるわけでなく、訓練が必要だったりします。

 

やってみたけどうまくいかない場合も多く、修正を加え、ことあるごとにメンテナンスが必要だったりします。

 

 

 

手順書、マニュアルなどは一部です。

 

何の一部かと言えば、お客の不便、不満を解消し。満足、感動を与えるためのシステムの一部です。

 

それだけですべて解決するわけではありません。

 

しかし、マニュアル、手順書があり、教育訓練もよくできている会社やお店は、それ以外のこともよく考えられているように感じます。

 

仕組みを作らずに、個性を生かそうとか、自分で判断できるようにというのはもっともなようですが、経営者の言葉としてはいささか無責任でさえあります。

 

具体的な行動をして、何らかの成果を出せないものは経営ではなく、趣味なのかもしれません。

 

私がやっていることは趣味が多い・・・

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:11 AM  Comments (0)