景気なんて・・・

今日はあまり天気がよくないようです。午後から少し気温も低いようです。

 

暑かったり寒かったりしますが、よく体は頑張ってくれるものですね。感謝です。

 

 

一昨日から昨日にかけ、ラグビーワールドカップの決勝戦を3回見てしまいました。

 

そんな時間があれば他にやることあるやろ!!と仕事熱心な私が言えば

 

今回だけは24年ぶりのオールブラックス優勝に免じて許してあげよう、と誘惑に弱いもう一人の私が囁いたのでした。

 

ご存知の通り結果は8-7と1点差。戦前の予想を覆し、フランスは健闘してオールブラックスは苦戦した、と新聞等で書かれていましたが、2回、3回と回を重ねて見ると本当のオールブラックスの強さがよくわかります。

 

これも何回も見るという一点集中効果である、と無理やりランチェスター戦略の勉強だったことにしておきます。

 

 

さて、20年くらい前のランチェスター関連の本を読んでいると「現在は過去の体験や経験は通用しなくなってきたケースが多い。」とありました。

 

リーマンショックの時も「かつてないほどの厳しい状況で・・・」とか

 

今も「3.11以後は今までになく厳しい経営環境が続いている・・・」などと経営者からの嘆きを聞きます。

 

でもいつの時代も同じなのですよね。

 

世の中いつ、どのようなことが起こるかはわかりません。

 

自然災害、法改正、制度改革、為替変動、株価変動、需給変動、景気変動・・・

 

 

そんな環境の変化に大いに嘆く経営者。

 

そのような環境の変化もうまく消化していつも同じように業績を維持する経営者。

 

大きく分けて2つのタイプに分かれるような気がします。

 

強く生き抜いていく準備ができている人とそうでない人、という感じでしょうか!?

 

竹田先生は小さな会社が収集すべき情報は、1番目にお客の情報。次に競合の情報で、景気や世界経済の情報は最後の方と言われています。

 

私も、小さな会社は、自社が生きていくためのエネルギー源をいかに補給するかをまず考えるべきと思います。

 

環境変化と自社の業績の相関関係を見つけようとするよりも、やるべきことをやっているか!?その点検が先。

 

目の前のお客にことに集中して自社の8大要因を練りに練りましょう。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:01 AM  Comments (0)