最新刊

社長のためのランチェスター式学習法 _0

ランチェスター経営㈱の竹田陽一先生の最新刊。

と言っても約10か月前の発刊ですが・・・

 

1位の会社以外の経営戦略は「差別化」が軸ですが

社長の「学習法」にも差別化が必要と説かれています。

まあ、本気で経営を学習する経営者が100人中5人程度との説もありますので、学習すること自体が差別化かも知れませんが・・・・

 

どうして経営の学習なんかする必要があるの?と聞かれることがたまにありますが、

社長の一番の仕事は業績が上がる経営システムをつくること。

そして、経営システムのレベルは社長の実力に比例する!からです。

だから社長は実力向上を図る必要があります。

 

私が知っている限りにおいて、中小企業で業績の良い状態が何年も続いている会社の経営者は、実に勉強熱心です。

 

経営者として自分の実力向上に興味がある方

「社長の差別化学習法」なる勉強会(戦略★社長塾)を開催します。

9月  7日(日)10:00~12:00

9月21日(日)10:00~12:00

詳細はこちら

教材は竹田陽一先生のDVDを使います。

 

その他竹田陽一先生の指導の下、いろいろメニューを取り揃えています。

ご興味のある方はこちらへアクセスください

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:31 AM  Comments (0)

悲しすぎる事実 その3

__ (3)

 

一人当たりの自己資本額 (中小企業)

 

全業種平均 589万円

 

これが多いのか?少ないのか?

 

一人当たり自己資本額が1,000万円を超えてくると資金繰りを考えなくてよくなると竹田先生。

 

1000万円超の会社か・・・あんまりないな・・・

 

あなたの会社の一人あたり自己資本額はいくらですか!?

(純資産の部の金額を人数で割ってください)

 

自己資本は毎期の純利益がコツコツ積み上がったもの。

 

何年も何十年も利益を出し続けないと増えません。

 

節税と称し余計な支出はダメ。高級な車、お酒、高額な趣味 もってのほか

 

利益を出し、税金払い、残りは内部留保と次の利益のための投資。

 

でもこの利益があんまり出ないし、出ても毎期、続かないんですよね・・・

 

竹田先生どうすりゃいいの

 

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 12:29 PM  Comments (0)

悲しすぎる事実 その2

4

一人当たり年間粗利益額(中小企業平均)

 

757.5万円

 

まあまあでしょうか!?

 

業種によってかなり差があります。

だいたい400万円〜1,000万円オーバーまで

 

その業種の構造で粗利益はだいたい決まるようです。

 

1、000万円あればバンザ~イ!!ですね。

 

500万円以下では事業として成り立ちにくいです。

 

会社は粗利益で生きている。

 

皆さんの会社の一人当たり粗利益額はいくらですか?

 

そして、どうして粗利益を増やしますか!?

 

粗利益の増やし方は竹田先生に聴くべし

 

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 1:14 PM  Comments (0)

悲しすぎる事実

__1

 

 

 

1人当たり利益表

2014年の中小企業 1人当たりの純利益は 全業種平均でたったの33.2万円

この傾向はずっと変わっていませんね。

 

売上から原価や経費を賄い、税金を支払った残りが

一人当たり33.2万円しか残らないという

そんな悲しい事実をご存知ですか!?

しかもこれは黒字企業の平均です。

 

悲しいなぁ~

 

何とかこれを3倍にしていただくために10月18日はご登場いただきます。

その人の名は竹田先生。

利益を増やしたい人は集合!!

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 1:14 PM  Comments (0)

わかっちゃいるけど

__3

 

 

 

本日の社長塾の復習

教材DVDは 「早解り ランチェスター法則 下」

内容は弱者の経営戦略の確認。

 

目的は強いもの作り、1位作りに

強い会社を攻撃目標にしない

強い会社と差別化する

小規模1位、部分1位

目標の発見は細分化で

1位を目指す重点目標を決める

目標の範囲は狭くする

1位になれるだけの戦術力を投入

弱者は最終利用者に直販を考える

弱者は経営のやり方に革新を加える

弱者は軽装備に徹して動きを早くする

弱者の社長は仕事時間を長くする

大事な情報は強い会社に流さない

弱者は調子に乗るな、小さな成功で生活内容を変えるな

 

これを参考に戦略を組み立てていきます。

 

「弱者の経営戦略」読めばわかるんです。

わかっちゃいるけど、実務面まで落とし込んでいくのはそう簡単ではないのです。

 

それでも、弱者の経営戦略を知っていると方向性を誤りません。

そのうち一貫性がでてきます。

そして業績にあらわれてきます。

そこまでがんばりましょう。

 

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 2:53 PM  Comments (0)