お客維持システム

ogushi2010_b2

 

気持ちのいい朝ですね。やっと爽やかな風が吹き始めました。

 

気分よく仕事ができそうです。

 

でも何だか眠気が取れない日が続きます。(よく寝ているのですが・・・)

 

秋眠も暁を覚えず でしょうか?

 

 

さて、いよいよあと1週間余りでランチェスタービジネス京都主催としては、今年最後の特別セミナーが開催されます。

 

何度もお知らせしますが、10月7日 17時受付開始、17時30分講演開始。

 

講師はホワイトベースの代表、小串さん。顧客維持の達人です。

 

場所はアランヴェールホテル京都。地下鉄烏丸線 五条駅から歩いて5分のところにあります。

 

今年は栢野さんに始まり、竹田先生、村上さんと色んな角度からランチェスター弱者の戦略をご紹介してきましたが、最後は京都初登場の小串さんで締めていただきます。

 

このセミナーは是非小さな会社やお店に聞いていただきたいと思っています。

 

その理由は、多くの会社、お店は顧客維持への力の入れ方が不足しているように思うからです。

 

弱者は顧客維持を一番に考えるべきと私は考えます。

 

新しいお客を作るのは一番経費がかかります。その経費を投資する資金に乏しいのが弱者です。

 

新規顧客づくりは大きい会社、お店にはかないません。

 

せっかくできたお客を維持できないと、経営の目的である「新しいお客を作り、お客を維持しながら、お客を増やす」こともままなりません。

 

ということは、粗利益を補給もうまくできず、不足することにもなります。

 

不足すると・・・・(恐いから言えません)

 

だから、弱者はまず「維持できるシステム」を重視して、作り上げる必要があると思います。

 

それができたら、新しいお客も流出することなく、維持し、リピート購買が繰り返され、粗利益が安定的に継続して補給されることになるのだと思います。

 

まとめますと、「お客を維持できる仕組みを作ってから、新規客づくりを実践せよ」ということなのです。

 

小串さんのポストカードはツールです。ツールはたくさんあるのでその一部です。

 

学んでいただきたいのはそのツールを活かしたお客維持の仕組みです。

 

切なる願いです。声を大にして言います。

 

経営システムをまず「お客維持優先」の視点で再構築してください。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 8:13 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>