画期的、独創的・・・

10月6日に亡くなった

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

追悼記事、メッセージなど色々出ており

多くの人に愛されていたようです。

 

 

もう40年以上も前になりますが

ヴァン・ヘイレンのデビュー曲

「ユー・リアリー・ガット・ミー」

(キンクスのカバー)

を聴いたときのことは今でも覚えています。

 

 

当時、私はギターキッズ。

 

 

エディのスゴイ演奏に

 

ナニコレ??

どんな風に弾いているの!?

これギターか?

 

と混乱はするし、興奮はするし

とにかく、衝撃の嵐。

 

 

後日、映像を見て

こんなギターの弾き方あり!?

 

画期的で独創的なギター奏法。

 

 

インタビュー等で

「俺はやりたいと思ったことをやるんだ」

というようなことを語っており

そんな風に生きてみたいと思ったものでした。

 

 

今はギターを弾くことはありませんが

経営で唯一無二、独創的で革新的なことを

やってみたいという気持ちは持ち続けています。

 

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 12:37 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>