見えるもの と 見えないもの

見える、見えないと言えば

「戦略」と「戦術」

 

 

「戦略」の語源はストラテジア

直訳すれば「将軍の術」

明治2年、欧州へ兵学の研究に行った

山縣有朋らは「戦略」と翻訳し

「見えざるもの」と解説。

 

 

一方で「戦術」の語源はタクティコース

これは掃除を専門にする人。

掃除道具を持ち手や体を使い

繰り返し動かして、からだに汗をかく。

これを「戦術」と翻訳し

「見えるもの」と解説した。

 

一生懸命、汗をかいて仕事をしていると

「あの人はまじめに仕事をする」「立派だ」

なんて思われますが、

 

それは「戦術」

 

「戦略」は社長の頭の中にあり、

見えません。

 

どうも経営では見えないものが大事なようです。

Filed under: 未分類 — ランチェスター儲かる仕組み作り コンサルタント 谷口薫 3:03 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>